私的ボーカル愛聴盤  / 2007.9.20

ジャズ批評社から「愛聴盤3枚」のアンケートが来た。
「3枚とは難しいでしょう!!」 と思いながらも頭に浮かんできたものの中から店を始めた頃よく聴いた3枚を答えた。
1. BOOK OF BALLADS / Carmen Mcrae KAPP(KL-1117) 1958年録音
a0051277_1165334.jpg

2.SUBWAY TOKENS / Carol Sloane BAYBRIDG(UPS-2168-B) 1975年録音
a0051277_117448.jpg

3.MEMORIES / 木村芳子 RCA(RVL-8026) 1977年録音
a0051277_1183825.jpg

「ブック・オブ・バラーズ」はカーメン・マクレーの36才の時のバラード集、後年のもったいぶってテクニックをひけらかす事なく素直に歌詞の中にたっぷり自分の感情を唄い込んだアルバム。ボーカルのリクエストがあると真っ先にかけていたのでノイズも出始めたので買い直しCD時代になったらCDも購入、今まで一番繰り返し聴いたヴォーカルアルバム。
「サブウェイ・トークンズ」はライブ盤の愉しさを初めて知らされた一枚。ライブ盤といえば最近出たグレース・マーヤの「ラスト・ライブ・アット・ダグ」も良かった。時々ライブを催す者にとっては、「こんなライブにしたい!」「こんな雰囲気のライブに身を置きたい」と心底思わせるアルバム。
木村芳子のアルバムは、まだ日本人ボーカリストがアメリカの一流ジャズメンをバックに録音するのが珍しい時代1977年ロスで吹き込んだデビューアルバム(生涯の一枚になってしまつたが)。万人の言うヴォーカルの名盤ではないが馴染みの曲を小節を効かせたその歌唱は親しみやすく、「サー・デューク」のアドリブなど出来るはずないのについつい追唱している自分!そんな愛聴盤。

ジャズ批評No.139/2007.9月号に掲載
[PR]
by paragon-cafek | 2007-09-20 07:47 | Comments(6)
Commented by KAMI at 2007-09-20 21:41 x
珈琲人様、こんばんは。
3枚選べ、これは難問ですね。
私なら、パウエルの「ジニアス」、モンクの「ミステリオーソ」、「バード・アンド・ディズ」といったところでしょうか。
それにしても難問ですね。
Commented by 珈琲人 at 2007-09-21 11:51 x
>KAMIさん
2ヶ月も更新なしのブログにも懲りもせずコメント頂きありがとうございます。 
 すみません!今回のジャズ批評はボーカル特集でした。
これからもよろしくおつき合い下さい。(m_m)(m_m)

Commented by KAMI at 2007-09-21 21:38 x
珈琲人さま、こんばんは。
仰るとうり、ジャズ批評9月号はボーカル特集ですね。
早とちりしました。
ヴォーカルならば、

「エラ&ルイ」
ジャズの世界遺産に登録して欲しいくらい大好きです。
エラの美声、ルイのダミ声・・・たまりません。

「枯葉」サラ・ヴォーン
サラとローランド・ハナが創り上げた傑作だと思っております。

「ホエア・イズ・ラヴ?」アイリーン・クラール
死を予感させる歌声。聴くたびに涙が出そうになります。

ヴォーカルでも3枚は難問ですね。
Commented by kensyuusei at 2007-09-21 22:55 x
季刊誌というスタイルの雑誌があります。
季刊ブログというのも、いいのかも。
Commented by 珈琲人 at 2007-09-23 07:19 x
>KAMIさん
ルイ、エラ、サラ、に加えアイリーン・クラールに涙されるのは、今まで生きて来られたKAMIさんの人生経験のヒダのの細やかさからなのでしょうね。

>kensyuuseiさん
それはいい考えですね!
でもでも、このめまぐるしい世の中、季節を待って訪れる人が何人いるのでしょう?昔から3日前の古新聞と言われるぐらいですから。
Commented by kofn at 2007-10-16 12:05 x
はじめまして。SUBWAY TOKENSは最近は入手困難のようですが、たまたま近所のフリーマーケットで入手しました。もう最高でした。


<< 俊 Live 2007 / ... 「珈琲人Blog」 休刊?  ... >>